連盟について

連盟について

ごあいさつ

  私たち、長野県児童福祉施設連盟は昭和12年7月に長野県    養護施設としてスタートし、昭和51年に財団法人としての認可   を受け、平成24年からは公益改革により、一般財団法人として   活動しています。

 現在、長野県内の乳児院4施設、児童養護施設14施設、     児童心理治療施設1施設、児童自立支援施設1施設、児童      自立援助ホーム1施設の計21施設が加盟する団体です。

 活動としては、家庭を離れて施設で暮らす子供たちの      「最善の利益」を守る権利擁護と、福祉の向上を推進        するための、児童福祉施設の啓発活動や、施設職員の研修      を行っています。また、施設に暮らす子どもたちの育成・自立のために、進学・就職する児童への激励等を行い、施設養育の向上に取り組んでいます。

一般財団法人
長野県児童福祉施設連盟
会長 西村 武
(平成29年4月より)