Author Archives: renmei

長野県・自民党長野県連及び自民党県議団への児童福祉施設に関する要望について

10月26日(月)長野県庁にて「令和3年度児童福祉施設に関する要望事項」を長野県 こども・若者担当部長へ提出し、長野県 県民文化部  こども・家庭課  児童相談・養育支援室と懇談いたしました。「要望事項」は、児童福祉施設に関する 1.新型コロナ感染対策の充実強化 2.長野県社会的養育推進計画の確実な推進 3.社会的養護の継続的・連続的支援体制の整備 4.入所児童の学力向上の推移 以上の4項目を挙げ、児童福祉施設にて生活する子どもたち、生活を支援する職員の安全・安心をこれまで以上に保障していただけるよう話し合いをしました。また、11月6日(金)には、自民党長野県連及び自民党県議団の県政等懇談会が開催され連盟役員が出席し、要望事項を中心に懇談いたしました。

9月の出来事

このコロナ禍の中、9月に入り長野県では県のレベルが引き下げされました。長野県児童福祉施設連盟も安全・安心を配慮し、事業活動に取り組みはじめました。今回は9月の活動を紹介させていただきます。

9月9日                                           特定非営利活動法人クロスワイズ様から絵本105冊の寄付がありました。ご寄付していただいた絵本は連盟加盟施設へ各施設5冊配布させていただきました。

9月14日                                           長野市にあるプレステージ株式会社 代表取締役社長 鈴木浩之様との懇談をいたしました。鈴木様へは児童自立支援基金「希望」へのご寄付が今年度で6年目となり中、御礼と任期満了に伴い新会長への就任挨拶をさせていただきました。鈴木様からは、コロナ禍で子どもたちの心配と休まず働く職員への労いのお言葉をいただき、そして改めて、今後も基金への継続支援をいただけるお話がありました。鈴木様には連盟加盟施設の子どもたちはじめ、職員へも多大なご厚意をいただいておりますこと、心より感謝申し上げます。

南長野ゴルフ倶楽部様にて8月に開催されたチャリティー募金の贈呈がありました。         南長野ゴルフ倶楽部様からのご寄付も3年目となり継続したご支援をいただいております。南長野ゴルフ倶楽部様、会員の皆様からのご支援、誠にありがとうございます。

9月17日

長野県庁にて自由民主党長野県支部連合会との懇談会がありました。懇談会では「新型コロナウィルス感染対策」として、子どもたちの日常生活と職員の養育体制を維持、継続できるように十分な措置を講じていただけるよう要望するとともに、医療ケアが必要な子どもたちの増加、一時保護委託の増加等による職員配置、費用の充実を図っていただけるよう懇談してきました。

 

 

長野大学との懇談会

7月18日(土)つつじが丘学園(岡谷市)にて、長野大学との懇談会を開催しました。当日は長野大学副学長中島教授、社会福祉学部矢野准教授を迎え、連盟会長と懇談しました。

長野県児童福祉施設連盟では、以前より連盟独自の事業として長野大学へ「社会福祉特別講義E」「社会的養護内容」の各講義への講師派遣を行っています。それにより、講師の施設職員は振り返り学べる機会であったり、学生は現場職員の話から身近に感じて就職・ボランティアなどに生かすことができます。今、全国的に大学の授業内容の変更や実習の受け入れ先の確保など大変な状況が続いている中で、実習・就職先の受け入れ先として可能性を探し相互協力を図っています。社会福祉士だけでなく保育士の実習受け入れも同じです。このような人材育成事業は、現場で児童対応をしながら実習生の対応をしている連盟会員の努力によって支えられています。

長野県内の木曽ねざめ学園(木曽郡上松町)が施設全面改築に向けてクラウドファンディング(http://www.readyfor.jp/projects/kisonezame)をスタートとしました。地域にとって必要な施設の環境整備のため、皆様のご協力をお願いいたします。 長野県児童福祉施設連盟 会長 川瀬 勝敏

株式会社サンエイ様から寄附金をいただきました。

6月11日(木)株式会社サンエイ様から多額の寄付金を賜りました。当日は長野市安茂里にあります本社にて贈呈式が執り行われ、社長安田様から連盟会長へ目録が贈られました。サンエイ様からは毎年、連盟加盟施設へ家電製品等のご寄付を賜っておりましたが、今年は新型コロナウィルスに関する様々な対応を要する状況をご配慮いただき、多様な活用ができるようにと寄付金を賜りました。また、安田社長様より、コロナ禍で職員や関係者への労いのお言葉もいただきました。連盟会長からは株式会社サンエイ様へ謝辞とともに、子どもたちの安全のため、新型コロナウイルス感染第2波への備え等にこの寄附金を充てさせていただく旨をお伝えいたしました。株式会社サンエイ様のご厚意に感謝申し上げます。ありがとうございました。                                  

マスクをいただきました。

5月21日(木)長野韓国青年商工会の皆様から、マスク6,000枚を寄贈していただきました。長野県では非常事態宣言が解除され、子どもたちの生活も徐々に学校へ通うことができるようになってきました。いただきましたマスクは子どもたちの安全・安心な生活に活用させていただきます。長野韓国青年商工会の皆様のご厚意に感謝申し上げます。ありがとうございました。